岡山、倉敷での相続や遺言、不動産登記、商業登記のエキスパート 坪井司法書士事務所

岡山、倉敷での相続や遺言、不動産登記、商業登記等の情報をご案内
司法書士業務
不動産登記
 不動産の一般情報を公示
 公開することで取引を安全、
 円滑に進めます。

商業登記
 商号・本店・目的・役員など
 を公示することにより、
 企業活動の安全と円滑を
 図ります。

裁判業務
 日常生活において発生する
 軽微な民事事件に迅速に
 対応します。

行政書士業務
行政書士業務
市町村、県、警察署、保健所
等に対して、許認可申請
遺言書、各種契約書の作成を
等を行います。
お問合わせ 会社情報
商業登記

商業登記とは?

商業登記とは、会社法、商法及び商業登記法の規定により、商業登記簿という公の帳簿に法廷で定められた登記事項を登記することです。
どんなときに商業登記は必要?
たとえば、下記のような場合に登記が必要になります。
会社、法人を設立する場合
「商号」「本店所在地」「目的」を変更する場合
役員に関する変更があった場合(取締役、代表取締役、監査役、理事、理事長 等について)
資本金を増やしたり、減らしたりする場合
会社を解散する場合
商業登記の具体例と概算費用
株式会社(資本金1億円以下)について
登記等 登録免許税等(円) 手数料
設立・定款作成、認証代理
   ・設立登記
●公証役場・・・5万円
●法務局・・・資本金額の7/1000(最低14万5千円)
3万円~
3万円~
役員変更 1万円 約2万円
商号・目的の変更 各3万円 2万円~
増資 増加する資本金額の7/1000の金額(最低3万円) 3万円~
本店移転(管轄内) 3万円 2万円~
解散+清算人の就任 3万円+9千円 4万円~
仕事の流れ
仕事の流れ

ご相談・お見積りは無料です


COPYRIGHT ©2010 坪井司法書士事務所 Co.,Ltd. All Rights Reserved.